チーム・スクールの立ち上げは事前の準備がほぼ全て!?立ち上げ前に必ず行いたい〇〇とは|サカジョブ
head_img_slim
HOME > 運営お役立ちコラム一覧 > チーム・スクールの立ち上げは事前の準備がほぼ全て!?立ち上げ前に必ず行いたい〇〇とは

チーム・スクールの立ち上げは事前の準備がほぼ全て!?

新規にチームやスクールを立ち上げてみたはいいものの、全然人が集まってこない…なんてことはありませんか?

これは事前のリサーチやテストマーケティングなどを怠ってしまっているのが原因かもしれません。

思い付きや情熱だけで物事を進め、結局は需要がなく、運営そのものが出来なくなってしまうパターンです。

事前にしっかりとしたリサーチやテストマーケティングを行う事で、新規にチーム・スクールを立ち上げた時の成功率は格段に高くなります。

今回はチーム・スクールの立ち上げ時に効果を発揮するリサーチやテストマーケティングのやり方をテーマにコラムを執筆しました。

新規にチーム・スクールの立ち上げを考えている方や、姉妹校の立ち上げを考えている方は、是非お読みいただければと思います!

【ステップ①】新規にチーム・スクールを立ち上げる地域の候補をいくつか選定する

最初のステップとして、自分が新規に立ち上げを考えている地域の候補を、最低でも10箇所選定してみましょう。
これは単純に1箇所よりも10箇所の方が、成功する確率が格段に上がるという理由からこのように述べています。

あの超有名な経営者として知られる柳井正さん(ユニクロ創業者)でさえ、以下の様な言葉を残しています。
「当社のある程度の成功を一直線に、それも短期間に成功したように思っている人も多いのだが、実態はたぶん一勝九敗程度である。十回やれば九回失敗している。

思い入れのある地域で、何が何でもチーム・スクールを立ち上げる!!!という考えを完全に否定するつもりはありませんが、上手くいく確立を少しでも高めるためにも、候補となる地域は最低でも10箇所は選定する事をお勧めいたします。

【ステップ②】検索需要・競合性を調べる

立ち上げの候補地が決定したら、その地域でのチーム・スクールの検索需要(月間にどの程度検索されているか)や競合性を調べます。
ここでは「グーグルキーワードプランナー」を利用し、検索需要や競合性を調べていきます。(使い方に関してはそんなに難しくはないので、検索エンジン等で調べてみてください。)

「グーグルキーワードプランナー」を利用する事で、以下2つの事を知る事が出来ます。

・狙いたいキーワードの「検索需要」が分かる
・集客効果が高いor低いキーワードかどうかが判断できる



上記では「渋谷区 サッカースクール」の検索需要や競合性を調べました。
検索需要がそこまで多くない上に競合性が中~高のようであれば、その地域への参入は控えた方が良いかもしれません。

【ステップ③】ライバルチーム、スクールを調べる

ステップ②と同時に、候補の地域にて既に活動しているチーム・スクールはどのくらいあるのかを、検索エンジンや聞き込みなどで調べます。

この時、ライバルとなるチームやスクールが自分たちよりも明らかに強いと感じた場合、その地域への参入は控えた方が良いかもしれません。

ただ該当地域でのチーム・スクール需要がかなりあり、なおかつ高い広告費を掛けられるのであれば、参入を検討してみるのも有りかと思います。

【ステップ④】テストマーケティングを駆使する

ステップ①~③を通過したら、いよいよ本格的なテストに入ります。
ここでいうテストマーケティングとは、実際にどれだけの反応があるのかを試験的に調査してみるという事です。

具体的には、
「20〇〇年4月より新規開校!〇月〇日無料体験会実施します!」
といった広告を、地元の有力フリーペーパーやグーグルなどに出し、実際にどれだけ体験申込や問合せがあるのかを調べてみます。

これで体験申込や問合せがある程度届くようであれば、テストクリアです。本格的にチーム・スクールの活動を始める準備に入りましょう。
体験申込や問合せがあまりない場合はテスト失敗です。問い合わせや体験申込をしてくれた方にお詫びの連絡を入れ、その地域への参入は見送りましょう。

この手法の良い所は、新規立ち上げに掛かる資金が極めて少なくて済むことです。
今回の例でいくと、広告を出したのにも関わらず、問い合わせがほとんどなかったら需要がないのだと判断できます。その時掛かる費用は広告費のみです。
しかし、実際にチーム・スクールの活動を開始してから需要がないと分かった場合、広告費はもちろんコーチへの報酬やコート代などを含め、より大きな費用や労力が発生してしまいます。
事前にマーケットの反応を調査しておくことで、ローリスクハイリターンで新規チーム・スクールを立ち上げる事が出来ます。

最後に

チーム・スクールの立ち上げ時に効果を発揮するリサーチやテストマーケティングのやり方などをお伝えしてきました。
新規にチーム・スクールを立ち上げたい!という情熱は非常に大切ですが、それだけでは運営は上手くいきません。
今回お伝えした手法は、ほとんどお金が掛らない手法です。ほとんどお金が掛らないのであれば、それを利用しない手はないですね。
本コラムが少しでもチーム・スクールの新規立ち上げに役立ってくれれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました!



icon 電話でのお問い合わせ
070-6467-7145
受付時間 10:00~15:00(平日)

icon メールでのお問い合わせ
>>お問い合わせフォーム<<


ページトップに戻る